ダヴィンチ・ドームの作り方プログラム(諸量プログラム構造編.xls)

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(900608 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

この商品は、対の商品(マニュアル)と合わせてお買い求めください。
https://www.shop.hiroshi-murata.com/items/4162432

【諸量算出プログラムの内容】
プログラムはエクセルで作成してあります。
希望の大きさのドームの直径を入力していただければ、全ての部材の寸法が自動的に算出されます。
また、入り口や窓の大きさなども調整できるプログラムも含まれております。

A4-ページ数6、プログラム表数6、イメージ図数6


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダヴィンチ・ドームとは、
レオナルド・ダヴィンチが考案したグリットよって組み立てるジオデシックドームのことです。
このグリットのパターンを神聖幾何学に基づき球面に投射することで新たな構造が形成されます。
これにより構造は、従来のジオデシックドームよりもより簡素なメカニズムとなります。
組立の際は、特別なコネクタなど必要とせず、部材の軽量化と作業効率が計られます。
さらに、従来よりもねばりとしなやかさを有する構造は、地震等による衝撃を吸収する働きがあります。
このドームはダヴィンチのグリット構造のアイデアが最も生かされた一例であると言えるでしょう。
この度は、このドームをセルフビルドによって作ることを可能にしました。

この商品はフォルムデザイン事務所・村田弘志が開発したプログラムで、マニュアルとは対になっています。

現在は構造を組み立てるまでの内容で、ドームハウスとしての外殻まではいたっておりません。そのためハウスとしての住空間が今後の課題となっています。
来年の春にかけてその外殻である屋根・ルーフィングのシステムを開発する予定です。
先々、モバイルハウスとしてご利用が可能となるまで開発と研究を進めて行きたいと思っております。
なお、構造のみの利用としてはドームパーゴラとして、またはシートを被せれば簡易の住空間、透明ビニールシートで覆っていただければ温室としての利用価値も見出せます。