ヒーリングクレイ(固形)/ 300g

¥ 1,480

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

クレイは、太古の時代海に降り積もった火山灰の堆積土が数十万年かけて化学変化してできたものです。さらに地殻変動と風化作用を経て熟成され、今日に至って必要な人々のために用意されてきた地球からの贈り物です。

日本列島中央、太平洋側に位置する渥美半島東部の台地は、40万年前の海底が隆起してできた地形です。
近年そこから天然ミネラル豊富な火山灰の堆積層が発見され、今日そこで採れたクレイが入浴剤とボディーケアプロダクトになりました。

日本では珍しい、カルシウムを多く含んだカルシウムモンモリロナイトです。
一般のモンモリロナイト(ベントナイト)と異なる点は、海中に沈下して出来た堆積土であるため、カルシウムを豊富に含んでおります。

その点からこのクレイは、NASAが宇宙飛行士の放射線による骨粗鬆症の被害を食い止めるためカルシウム摂取を目的として選んだクレイに値すると言えるでしょう。
それはクレイの所々に見られる風化貝化石からもお分かりいただけます。

お試しサイズの300gにはその貝化石クレイのサンプルをお付けしております。

参考サイト: モンモリロナイトとは https://bit.ly/2LSXQQ5
カルシウム・モンモリロナイトの特徴 https://bit.ly/2LS9yKy
被曝対策としての粘土食 https://bit.ly/2jPRXWP
風化貝化石とはhttps://bit.ly/2G6D23n

★本品は、ブレンドを一切行っていない100パーセント天然・無添加のクレイです。
当ショップではクレイライフの普及を願って、お買い求めやすい価格にてご提供致します。

クレイの作用は吸着・吸引・イオン交換

【内から】
デトックス(解毒)
放射能・農薬・重金属などのデトックス
体内の老廃物や膿み、炎症をと取り除く。
ミネラル補給
免疫系を強化し、細胞組織を再生
松果体の活性化

参考動画:ベントナイトクレイのメリット・用途:10選 https://youtu.be/PYhffaQhtmA
参考動画:簡単に安く放射能デトックスする方法 https://youtu.be/ZUGnsvhiNS0


【外から】
浄化作用
皮膚組織の再生
ボディパック
フェイスパック、クレイバス、クレイ湿布、ミネラルファンデ 作りの原料に利用
水疱瘡・ニキビ・魚の目・水虫・虫さされなどにも使用
電磁波の放電作用

参考動画:お手当講座 クレイ編 https://youtu.be/wSg3wFibR0Y
参考サイト:お風呂にクレイを入れると電磁波が放電https://bit.ly/2JGeocB

【肌以外の用途】
洗浄用のクレンザーとしてもお使いできます。
トイレ・お風呂・シンクのこびり付いた汚れを落としてくれます。また油や脂肪をよく吸着するのでフライパンの残り油を取り除いてくれます。
家庭菜園の用土に1〜2割混ぜるだけ、古土をリセットしてミネラルを補給してくれます。
微小な有害物質を吸着してくれるため、 熱帯魚・アクアリウム用水質調整剤 としてもご利用できます。
ペットのえさに混ぜてミネラル補給。


【商品詳細】

名称:カルシウム・モンモリロナイト

鉱物学的分類:スメクタイト系

原材料:(無加工/無添加) 

成分:
シリカ(約75%)、酸化アルミニウム(14.6%)、酸化マグネシウム(0.42%)、酸化鉄(1.31%)、酸化カリウム(2.85%)、酸化ナトリウム(3.99%)、酸化カルシウム(1.65%)
参照文献:地質 学雑 誌 第 114 巻 第 2 号 76 べ 一ジの成分表調べhttps://bit.ly/2Gtzx7b  

☆酸化アルミニウム(アルミナ)の人体への影響についての
参考文献:大地のエネルギーで癒す クレイセラピー 31p 著者: 福島麻紀子、ICA国際クレイセラピー協会 https://bit.ly/2IgEPVx

原産地: 愛知県渥美半島田原塁層

形状: 固形 

粒子サイズ: 10 µm(ミクロン)

保存方法: 常温

保存期間: 開封前24ヵ月


【ご注意】

クレイはお薬ではありません。飲用される場合は、自己責任にてご判断・ご使用ください。
飲み方:1日1〜2回(空腹時が望ましい)。小瓶を用意し、一固まりほどのクレイ(6グラム)と水を入れて木のスプーンで潰しながらかき混ぜ、蓋をしてよく振って飲みます。

また肌に合わない方もあります。その場合は、洗浄用もしくは家庭菜園用にお使いください。

肌に使用する場合、 目に入らないよう注意し、入った場合はこすらずにすぐ洗い流してください。目に異物感が残る場合は眼科医にご相談ください。強く擦ると肌トラブルの原因になります。お肌の敏感な方は使用量や頻度を調整してみてください。